スノボーウェアフードについて

ウェアのフードは天候の厳しいゲレンデでは必要不可欠です。

どのようなフードが良いかというと、防水性に優れ、雪などの侵入を防ぎフィット感がいいものが、ベストだと思います。

天候も良く、スノボーをする時に邪魔になるようであれば、取り外しができるのも便利だと思います。

スノボーのウェアはデザイン的にもオシャレなものが多く、フードを外して、私自身冬のファッションとして着用することも多いです(^^;)


ベンチレーションについて

スノボーウェアで大切なポイントは体温調節できる機能。

冬場のゲレンデといっても、スノボーをすれば、やはり汗をかきます。
特に、発汗しやすい脇や袖、首周りから足元まで、このベンチレーションの機能ははずせまん。

ウエア内の温度調整をファスナーの開け閉めによって体温を外に逃がす機能などおススメだと思います。

天気の良い日、春先の気温の高くなったゲレンデなど気持ちよくすべるために大切にしたい機能です。

スノボーウェアの選び方

ここではスノボーをする上では重要度の高いウェアの選び方をご紹介したいと思います。

ウェアを選ぶ際には、自分のセンスも大きく関わってきます。
しかし大事なのは自分が本当に気に入ったものを選ぶと良いと言うことでしょうか。自分の好みは大切です。

スノボーの他のスポーツと違うところはファッション性が高いと言う事です。

スポーツなどによっては決まったユニホームだったり、あまりファッションとは程遠いものもありますが、スノボーはなんと言っても見た目もとっても重要です。

スノボーほどファッション性が高いスポーツもないかもしれませんね。

ちょっと位下手でも、ファッションくらいは格好よく決めたいものです。

スノボーは上手くなることはもちろん大事ですが、おしゃれを楽しむスポーツでもあります。

ファッションにもおもいっきり気を使いましょうね。

一見派手だなと思える位のウェアでもスキー場ではあまり目立たないものです。それだけまわりの皆も派手にファッションに気を使っているからです。

ただ気をつけなければいけないのは、ウェアの機能として、雪が舞う過酷な条件の中で着るものですから保温性や防水性などの特別な機能だけはしっかりしたものを選ぶ必要があります。

ウェアは寒くないように、そして雪が降っても濡れないようにしなければいけません。

おしゃれでもありウェアとしても機能も優れたものを選ぶ必要がありますね。

フリースタイル系モデルの基礎知識

フリースタイル系モデルは、ハーフパイプモデル、グランドトリックモデル、パウダーモデル、フリーライディングモデルなどに分類されます。

ハーフパイプモデルでは、スイッチでのランディングがしやすいようにテールを大きくラウンドアップさせて前後対称形状にしたり、真横にセッティングしたブーツが雪面を引きずらないようにボード幅をやや広めにした設計が多く見られます。

また、パイプ内でスピードをロスさせないようにカービングターン性能も重視されています。

グランドトリックモデルでは、スピントリック時の回転性能を追求してノーズとテールを小さめにしたり、スライド性を重視してサイドカーブを大きめにするなどの設定がされています。

パウダーモデルは深雪での浮力をもたせるため、他のフリースタイル系モデルと比較して全長が長く、さらにボード幅を広くしたり、ノーズやテールを大きくしたり、セットバックを多めに設定する、などが特徴です。

アルペン系ボードの基礎知識

アルペン系のボードのモデルは、ゲレンデクルージングモデルやフリーカービングモデル、デモンストレーションモデル、レーシングモデルなどに分類することができます。

ターン性能や高速機能を重視した設計で、より高密度なポリエチレンソールやカーボン含有ソールを使用したり、より速いエッジの切り替えを追及してボード幅を狭くしたりと、さまざまなタイプのボードが開発されています。